back

バチェルダー ウィズマー パーク ピノノワール 2014

カナダ, オンタリオ州
92 WA
93 WA
94 JG
バチェルダー ウィズマー パーク ピノノワール 2014

Bachelder Wines - Wismer Parke Pinot Noir 2014

モントリオール出身で仏ブルゴーニュやボーヌで修行を積んだトーマス・バチェルダー氏の、単一畑産ピノノワール

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 バチェルダー ワインズ
ヴィンテージ 2014
赤ワイン
品種 ピノ・ノワール
¥6,160

Bachelder Wines - Wismer Parke Pinot Noir 2014

モントリオール出身で仏ブルゴーニュやボーヌで修行を積んだトーマス・バチェルダー氏の、単一畑産ピノノワール

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 バチェルダー ワインズ
ヴィンテージ 2014
赤ワイン
品種 ピノ・ノワール
データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 13%
商品コード A017R00214
UPC 185729000408
在庫 在庫あり (14)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

ウィズマー・パーク・ヴィンヤードは、オンタリオ産の最もエキサイティングなピノノワールを生み出している畑。 芳醇なテクスチャーと熟したレッドフルーツの味わいが、一口目から楽しめるワインにしており、はじめの甘美な果実味が消えてからも、そのアロマやストラクチャー、余韻の長さによって魅了し続けてくれる。2024年頃までが飲み頃。

プレス
92WineAlign
93WineAlign
94WineAnorak (Jamie Goode)
レビュー&評価

ジェイミー・グッド氏(イギリスを代表するワインジャーナリスト)- 94 pts
ウィズマー・ヴィンヤードは200エーカーほどの広さの畑であるが、トーマス・バチェルダー氏は畑の中の区画ごとの特徴を活かしたワイン造りをしている。このワインは精巧かつエレガントで、上品な印象。レッドチェリーや石の風味に、ヨードのニュアンスがあいまう。ザラザラとしたストラクチャーが心地よい。ほんのり森林の下草の風味も感じられる、複雑な味わい。緻密さが魅力のとても素晴らしいワイン。真に優れた表現のピノ。

ジョン・スザボ氏 マスターソムリエ - 92 pts
バチェルダーらしい、淡い色合いの繊細なピノ。ダスティ―なレッドフルーツやポプリにフォーカスされた味わい。 手際の良さが最高で、きめ細かく引き締まっている。ジューシーでコクがあり、余韻は長時間持続。 古樽の使用が味わいに程よく影響を与えている。今飲んでも、2020年代前半までおいても楽しめる。2017年3月に試飲。

生産情報

アペラシオン

VQA トゥエンティ マイル ベンチ

ヴィンテージ・ノート

極寒な冬に見舞われたため、芽にダメージを受けたり、品種によっては樹がダメになってしまったヴィンテージであったが、その分、造られたワインは凝縮感があり高品質で、エキス分を豊富に含有する長期熟成可能なものとなった。春の到来は遅れたが、5月に入ると平年並みの気温に。夏は例年より暑かったが、栽培シーズンの開始が遅かったため、収穫は例年より遅いタイミングで実施。9月は乾燥した晴天に恵まれたため、凝縮した味わいでミネラル味がある、素晴らしいピノとなった。少し熟成させることで、極上の味わいへと向上することが期待できる。

栽培

ウィズマー パーク ヴィンヤード産の果実を使った、初リリースの単一畑産ピノ。 この畑の土壌や特長を正確に把握して、その個性を反映したワインができるまでに、 試行錯誤を重ねて、リリースまで数年を要した。 1999年に植樹。畑はシルトと粘土、石灰岩が混じる土壌。クローン115と667を選択(台木は3309)。

この畑のワインは、芳醇さと引き締まったミネラル感に、赤土由来の鉄のグリップのある味わいが特徴。 極上の味わいで長期熟成可能でありつつ薫り豊かなピノノワールが出来上がる。 フィニッシュには石板のようなミネラルのニュアンスが現れ、余韻は長時間持続。 畑は斜面になっており水はけが良く、ナイアガラの「グラン・クリュ」と称するにふさわしい畑の一つ。

醸造

天然酵母で発酵の後、低温のセラーで18ヶ月間じっくりと熟成(フレンチオークの新樽25%、残りは1-5年物)。瓶詰後さらに8か月以上熟成させることで、フローラルなアロマをより引き出している。

生産者

生産者情報

モントリオール出身で仏ブルゴーニュやボーヌで修行を積んだトーマス・バチェルダー氏が主宰する、シャルドネとピノノワール専門の醸造元。冷涼気候のシャルドネ・ピノノワール造りに傾倒しており、カナダ(ナイアガラ)だけでなく、米オレゴンや仏ブルゴーニュでもワイン造りを手掛けています。

バチェルダー氏はナイアガラを代表するワイナリーの一つル・クロ・ジョルダンヌ(Le Clos Jordanne)での栽培管理責任者を経て独立。国際的なワインコンクールでの受賞歴も多く、英ワイン専門誌『the World of Fine Wine』誌上にて、北米のトップ10シャルドネの6位にランキングされたほか、ジャンシス・ロビンソン氏の選ぶカナダ産ベストワインの1本にも選出(Wilmer Vineyard Niagara Chardonnay 2010)されるなど、注目を集めている造り手です。

また、“ナイアガラで最も素晴らしいピノノワールの畑”と言われるラウリー・ヴィンヤード産の果実を使ったピノノワールもリリースしており、こちらも高い人気を誇っています。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。