back

ノーマンハーディピノノワール 2017(ナイアガラ産)

カナダ, オンタリオ州
91 D
ノーマンハーディピノノワール 2017(ナイアガラ産)

Norman Hardie Winery & Vineyard - Pinot Noir 2017 (Niagara)

ブルゴーニュはじめ世界中でワイン造りの修行をした造り手が、ナイアガラのテロワールから生み出すカナダの本格派ピノノワール。ハーディ氏が「過去最もエレガントで洗練されたナイアガラ産ピノの一つ」と語る、2017年ヴィンテージが入荷しました!

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 ノーマンハーディ ワイナリー&ヴィンヤード
ヴィンテージ 2017
赤ワイン
品種 ピノ・ノワール
¥5,940

Norman Hardie Winery & Vineyard - Pinot Noir 2017 (Niagara)

ブルゴーニュはじめ世界中でワイン造りの修行をした造り手が、ナイアガラのテロワールから生み出すカナダの本格派ピノノワール。ハーディ氏が「過去最もエレガントで洗練されたナイアガラ産ピノの一つ」と語る、2017年ヴィンテージが入荷しました!

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 ノーマンハーディ ワイナリー&ヴィンヤード
ヴィンテージ 2017
赤ワイン
品種 ピノ・ノワール
データ
スクリューキャップ
容量 750ml
アルコール度数 11.5%
商品コード A002R00117
UPC 837654599532
在庫 在庫あり (192)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

2017年ヴィンテージは、これまで我々がリリースしたナイアガラ産ピノノワールの中で、最もエレガントで洗練されたピノの一つであろう。 繊細さと精巧な造りに重点が置かれた1本。

ナイアガラ・ペニンシュラに位置する、粘土質の石灰岩土壌の2つの畑から収穫したピノノワールを使用。色調とアルコール度数は軽めに見えるが、芳醇な味わいで余韻は驚異的に長い。フィニッシュには、これまでリリースしたワインの中で最も洗練されたピュアなタンニンが現れる。アルコール度数は11.5%。偉大なネッビオーロとピノノワールは、ほとんど一卵性双生児のようなものだと私は常々思っているが、このピノの、特に美しく洗練されたタンニンはそれにぴったり当てはまるといえる。
 

メディア掲載

● 雑誌『Wine-What!?』の連載「石田博流 ワイン ペアリングのすすめ 第十二回」
日本ソムリエ協会 副会長である石田博ソムリエにご紹介いただきました。ぜひご覧ください!
『Wine-What』 Web掲載ページはこちら ⇒ https://www.wine-what.jp/foods/40991/

ペアリング

軽やかなミディアムボディ。鶏肉と合わせても重すぎないが、赤身肉の料理とも好相性の赤ワイン。

保管方法

今飲んでも素晴らしいが、4-6年かそれ以上熟成させることで、更なる味わいの向上が期待できる。

プレス
91Decanter World Wine Awards (UK)
レビュー&評価

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2020 - 91 pts
とてもフレッシュで上質なピノ。ローズヒップ、野イチゴ、ローズマリー、タイムの洗練されたエレガントな香りと味わい。良い出来。

生産情報

アペラシオン

VQA ナイアガラ ペニンシュラ

生産者

生産者情報

“プリンスエドワード・カウンティの天才ワインメーカー”とも呼ばれる、ノーマン・ハーディ氏が経営するワイナリー。特に評価の高いシャルドネやピノノワールをはじめ、上質なカベルネフラン、ピノグリ、リースリング等を造ることで知られています。

近年、国際的にますます注目を集めており、特に「カウンティ・シャルドネ」(プリンスエドワード・カウンティ産シャルドネ)の2008年ヴィンテージが、ワインスペクテーター誌上で、マット・クレイマー氏の「今年のベストワイン(My Wines of the Year)」3本のうちの1本に選ばれたほか、2010年ヴィンテージが、イギリスのワイン専門誌「The World of Fine Wine」誌によって、カリフォルニア等の早々たる造り手達を抑え、北米大陸No.1のシャルドネに選ばれたりと、高い評価を獲得しています。

ピノノワールにおいても、「キュヴェ・エル ピノノワール」2009が、ブルゴーニュのグラン・クリュとのブラインドテイスティングにおいて、より多くのワイン専門家によって支持されたことをはじめ、高評価を得ています。

もともとフォーシーズンズにてソムリエをしていたノーマン・ハーディ氏のワイン造りは、ブルゴーニュスタイル。 ブルゴーニュ地方ディジョンの一流の醸造家の元で修行をした後、南アフリカやニュージーランド等で、ピノノワールやシャルドネ造りの修業しつつ、彼のワイン造りに最も適した場所を探し求めた結果、ブルゴーニュに最も近いと判断した粘土質・石灰岩土壌のカナダのプリンスエドワード・カウンティに移住、小規模かつ非常に効率良く質の高いワイン造りができる、理想的なワイナリーを立ち上げました。

ハーディ氏のワインは、2004年に初ヴィンテージを出荷するとすぐにカナダ国内外で高い評価を得るようになり、ジャンシス・ロビンソン氏編集のオックスフォード・ワイン百科事典にも掲載されている他、カナダをはじめ香港、ニューヨーク、東京の高級レストランやホテル、ワイン専門店で取り扱われています。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。