back
New

ライトフット&ウルフヴィル テロワール シリーズ ケークフランコシュ 2020

カナダ, ノヴァ・スコシア州
オーガニック
バイオダイナミック
90 JG

Lightfoot & Wolfville Vineyards - Kékfrankos

2017年以来のリリースとなった、ライトフット&ウルフヴィルの待望の1本。ケークフランコシュは、ハンガリーの黒ブドウ品種で、オーストリアではブラウフレンキッシュ、ドイツではレンベルガーと呼ばれる。カナダでは珍しい品種であるものの、冷涼気候に適した耐寒性のある品種の1つとして、ライトフット&ウルフヴィルが2013年にアヴォンポートの畑の小さな区画に栽培したもの。

キラキラ輝く淡いルビーレッドの色調。黒キイチゴ、ブラウンスパイス、ダークチェリー、サンダルウッドがあいまう、繊細でエレガント、洗練された味わい。鮮やかな酸味に縁どられたタンニンはきめ細かく、瓶熟することで更に柔らかくなることが期待できる。

生産国 カナダ
ノヴァ・スコシア州
産地 アナポリス渓谷
生産者 ライトフット&ウルフヴィル ヴィンヤーズ
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 ケークフランコシュ
¥4,400

Lightfoot & Wolfville Vineyards - Kékfrankos

2017年以来のリリースとなった、ライトフット&ウルフヴィルの待望の1本。ケークフランコシュは、ハンガリーの黒ブドウ品種で、オーストリアではブラウフレンキッシュ、ドイツではレンベルガーと呼ばれる。カナダでは珍しい品種であるものの、冷涼気候に適した耐寒性のある品種の1つとして、ライトフット&ウルフヴィルが2013年にアヴォンポートの畑の小さな区画に栽培したもの。

キラキラ輝く淡いルビーレッドの色調。黒キイチゴ、ブラウンスパイス、ダークチェリー、サンダルウッドがあいまう、繊細でエレガント、洗練された味わい。鮮やかな酸味に縁どられたタンニンはきめ細かく、瓶熟することで更に柔らかくなることが期待できる。

生産国 カナダ
ノヴァ・スコシア州
産地 アナポリス渓谷
生産者 ライトフット&ウルフヴィル ヴィンヤーズ
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 ケークフランコシュ
データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 12.1%
商品コード D002R00120
在庫 在庫あり (40)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

キラキラ輝く淡いルビーレッドの色調。黒キイチゴ、ブラウンスパイス、ダークチェリー、サンダルウッドがあいまう、繊細でエレガント、洗練された味わい。鮮やかな酸味に縁どられたタンニンはきめ細かく、今はグリップが効いているが、瓶熟することで柔らかくなることが期待できる。

ペアリング

子羊や小動物ジビエ肉のロースト、地中海風のスパイスを使った料理、野菜のローストなどにあわせて。

プレス
90WineAnorak (Jamie Goode)
非常に個性的。色合いは深く、ブラックチェリーの甘い香りに、リンゴのようなエッジも感じられるアロマ。ブラックチェリーやブラックベリーを中心に、グリーンぽさと、リンゴのニュアンスもあいまう、生き生きと力強い味わい。鮮やかな果実味に加え、ほんのり酸化のニュアンスも感じられる。魅力的でジューシー、かなり直接的でありつつ、同時に柔らかさもある味わい。ノヴァスコシアでケークフランコシュ(別名ブラウフランキッシュ)を栽培しているなんて、誰が想像できただろう!?
生産情報

醸造

10月25日にアヴォンポートに位置する自社畑、オーク・アイランド・ヴィンヤードで、手摘みで収穫。
破砕・除梗の後、天然酵母で自然発酵。ニュートラルのフレンチオーク製バリックで8ヶ月間熟成。2021年9月7日に瓶詰。

エコサート・カナダによるオーガニック認証、および、デメターによるバイオダイナミック認証取得。

生産本数

3636
生産者

生産者情報

ライトフット&ウルフヴィルは、カナダ・ノヴァスコシア州に位置する家族経営の小規模ワイナリー。ノヴァスコシア州アナポリス渓谷で 8 代農業に従事するライトフット家のマイケルとジョセリーン夫妻が設立しました。イングランド北部からの移民である「ライトフット」の名は、使者として代々仕えた先祖の足の速さに由来します。今では、農家また醸造家としての軽やかなタ ッチと賢明なアプローチを意味し、自然との調和を図り、土地を痛めつけることなく、その本来の力を最大限に発揮させるという使命を表すものだと考えています。

私たちが今この土地で生きるということは、土壌やブドウの樹の命と日々向き合い調和を保ちながら、過去この地に生きた人たちの記憶を認識することであると考えています。私たちのホームファームである畑は、マイケルの家系で 4 世代に渡り受け継がれてきたものであり、この地を耕すことは、私たち一家の血の中に脈々と引き継がれているのです。

マイケルとジョセリーンは、先祖代々受け継いできた農園で、ワイン醸造用のブドウ栽培を始めることを考えました。旅行とワインを愛する二人は、アナポリス渓谷に世界レベルのアグリツーリズム(農業観光)をもたらすこと、そして品質に一切妥協しないワイン醸造を通して、この地の食とワインの文化の発展に貢献することを目標にしています。国際的に活躍するワインコンサルタントであるピーター・ギャンブル氏の協力を得て、テロワールを綿密に調査し、2009年に最初のブドウを植樹。2015年に初めてのワインをリリースし、 2017 年夏よりワイナリーを一般公開しています。

土壌の生命力を保護・促進することが次の世代への責務であるとの考えから、2009年に最初にブドウを植樹して以来ずっと、環境再生型農業に取り組んでいます。その結果、エコサート・カナダによる有機認証、および、デメター・カナダによるビオデナミ認証を取得するに至りました。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。