back
New

ヒドゥン ベンチ エステート ガメイノワール 2020

カナダ, オンタリオ州
オーガニック
バイオダイナミック
93 JG
92 WA
91 WA
91 WA

Hidden Bench Estate Winery - Estate Gamay Noir 2020

 

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA リンカーン レイクショア
生産者 ヒドゥン ベンチ エステート ワイナリー
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 ガメイ・ノワール
¥5,280  (税込み)

Hidden Bench Estate Winery - Estate Gamay Noir 2020

 

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA リンカーン レイクショア
生産者 ヒドゥン ベンチ エステート ワイナリー
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 ガメイ・ノワール
データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 12.5%
商品コード A020R00420
UPC 878102009005
在庫 在庫あり (80)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

鮮やかなルビー色。アルコール漬けにしたサマーベリーや、スミレの花、加工肉のあいまうアロマ。チェリーコーラ、クランベリーやラズベリー、トーストしたパンのフレーバーが層になって重なり合う、味わい豊かなワイン。2020年ヴィンテージの特徴である熟した果実味に、リンカーン・レークショアの畑ならではの爽やかな酸味と繊細なミネラルが調和して、バランスの取れた味わいに仕上がっている。少し冷やして、14~15℃で愉しみたい。

ペアリング

スモークリブのBBQや、ラムバーガーとあわせて。また、シンプルにソフトチーズと一緒にお楽しみください。

保管方法

2030年頃までが飲み頃。

プレス
93WineAnorak (Jamie Goode)
果実は100%除梗。ラズベリーやチェリーの鮮やかな果実味に、程よい凝縮感と酸を有する、フレッシュでジューシー、生き生きとしたピュアな味わいのガメイ。繊細でピュア、胡椒と鉄のニュアンスがあり、ウェイトが程よい。ジューシーで、ストラクチャーに優れた、フレッシュさが魅力の1本。果実のピュアさが素晴らしい。
92WineAlign
ジャネット・ドロジンスキー氏 (Dip WSET, Ph.D.) - レッドベリーの濃厚な香りと味わいに、スパイスとコクのある風味が調和する、洗練されたジューシーなガメイ。ミディアムボディで、タンニンはまろやか。ストラクチャーが優れている。濃厚さと余韻の長さが素晴らしい。美味。2022年7月試飲
91WineAlign
Megha Jandhyala氏 - 濃厚で魅力的なガメイ。最初はフルーティーで、次に塩味とミネラル、さらにコクのあるスパイシーな風味、そしてまたフルーティーに戻るというように、次々と変化し続ける。そして同時に、完璧に熟したイチゴやラズベリー、野生の花、塩とコショウ、ほのかな肉のニュアンスも感じられる。バランスの取れたしっかりとした味わいで、少しザラついたタンニン、鮮やかな酸味、余韻の長さは素晴らしい。セラーで1〜2年以上寝かせてから楽しみたい。2024年から2027年が飲み頃。2022年4月試飲
91WineAlign
マイケル・ゴーデル氏 - 控えめに行っても、ガメイはヴィンテージを重ねるごとにますます良くなっているのは間違いないが、それぞれの醸造元の中での進化を観察するのは更に興味深い。ヒドゥンベンチの場合も、試行錯誤を重ねて何がこれらの果実に影響を与えるのかを特定し、ヒドゥンベンチの畑ならではガメイに進化させている。リンカーン・レークショアに位置するこの区画は、ガメイの栽培が急速に広がっており、ナイアガラで5本の指に入る場所と言ってよいだろう。花やミネラル、新鮮なフルーツ、生肉があいまうアロマ。鉄分というより血のニュアンスの方が強いが、どちらも全体的なワインの印象に貢献している。2022年から2026年にかけてが飲み頃。2022年4月試飲。
生産者

生産者情報

ヒドゥン ベンチは、ナイアガラのアペラシオン、ビームズヴィル・ベンチにある小規模ワイナリー。オーナーであるハラルド・ティール氏は2003年の創業以来一貫して、細部にまで妥協をしないワイン造りを実践してきました。ヒドゥンベンチのワインは、全て自社畑で手作業で造られます。サステイナブル農法を実践し、オーガニック認定を受けた自社畑産果実を100%使用し、ワイン造りをしています。

ヒドゥン ベンチは、ワイナリーをオープンした2007年以降、毎年カナダのトップ10ワイナリーに入賞する常連であり、また、ニュイ ブランシュ(Nuit Blanche)はカナダ年間最優秀白ワインも受賞しました。ヒドゥン ベンチは、小規模ながら近代的で洗練されたエステートワイナリーで、ビームズヴィル・ベンチ(Beamsville Bench)のローカスト・レーン(Locust Lane)に、ブドウの樹にひっそりと隠れるように存在しています。

ヒドゥン ベンチは、数々の受賞を誇るピノノワールやシャルドネ、リースリングを通して、ビームスヴィル・ベンチのテロワールを表現することを主眼に置いています。生産量が少ないにも関わらず人気を集めているため、カナダ国内でも入手困難な醸造元ですが、特にテット ド キュヴェ シャルドネは限定少量生産のため、カナダ国内でもワイナリーでの直売とごく限られたレストランでしか入手できない希少なワインとして知られています。

ヒドゥン・ベンチでは、1本1本のワインを厳しい管理の基に醸造しています。

  • サステイナブル農法。オーガニック認定を受けた自社畑産果実のみ、100%使用。
  • 白は選別した房のみを使用。赤は房を選別した後、さらに全ての果実の粒を個別に選別して使用。
  • ワイン造りに関しては、不干渉・ミニマリスト主義。ワイン造りの全過程において、丁寧に醸造。
  • 全てのワインに天然酵母を使用。自然に発酵しないものは酵母を使用し、ワイナリーのビストロレベルのワインとして別リリース。

---

ヒドゥン ベンチのミッション/ヴィジョン

ヒドゥン ベンチの使命は、ビームスヴィルベンチにある自社栽培のブドウのみを使用して造ったワインで、この地のテロワールを表現し、国際的に評価されるレベルの優れたワインを造ることです。ヒドゥン ベンチのワインのクオリティの高さは、細部にまで妥協をしないワイン造りへの情熱の賜物で、高品質なワインができあがることが、またそのようなワイン造りを続けていこうという自らのモチベーションにもなっています。ヒドゥン ベンチはチームワークとお互いへの尊敬を大事にしつつ、共通の目標を達成するべく最善を尽くしていますが、同時にワイン造りの過程やワインを共有することも楽しんでいます。

テロワール

ヒドゥン ベンチは、ビームスヴィル ベンチのユニークなテロワールにおいて、サステイナブル農法と低イールド栽培を実践することが、最上のブドウを生み出し、その土地と時間を思わせるような、複雑な味わいのワインを造ることができると確信しています。

栽培・醸造技術

ヒドゥン ベンチは、ブドウ畑やワイナリーでのワイン造りをより向上させるために、いくつかの最先端技術を選択して取り入れている一方、人手の介入を最小限にする伝統的なワイン造りのスタイルや、サステナビリティも尊重しています。

サステナビリティ(持続可能性)

ヒドゥン ベンチは、自分たちは土地の支配者ではなくただの“世話役”であるという考えから、自然環境や近隣の方々、社会全般に対してなるべく人工的なインパクトを与えないような、最も持続可能性を尊重した方法を、畑やワイナリーにおいて導入しています。ワイン造りから販売の全過程において、可能な限り環境に優しい技術や商品を採用しています。

情熱

優れたワインを造るための情熱と、周りの人にも感染するほどの熱意こそが、ヒドゥン ベンチがミッションとヴィジョンを達成する上で大切にしているアプローチです。細部にまで妥協しない姿勢が、ヒドゥン ベンチのワインやワイナリーが他と差別化される一助となっています。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。