back
New

トーズ スケッチズ オブ ナイアガラ リースリング 2019

カナダ, オンタリオ州
92 JG

Tawse Winery - Sketches of Niagara Riesling 2019

2009VTで「カナダ最優秀白ワイン」受賞。2013VTはNIKKEIプラス1「1度は飲みたいあの国のワイン」特集(日経新聞土曜版 2015年5月30日付)白ワイン第2位 選出の実績を有する、当社でも人気の1本。

※ 本VTから、ボトルデザインが変更になりました ※

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 トーズ ワイナリー
ヴィンテージ 2019
白ワイン
品種 リースリング
¥2,750

Tawse Winery - Sketches of Niagara Riesling 2019

2009VTで「カナダ最優秀白ワイン」受賞。2013VTはNIKKEIプラス1「1度は飲みたいあの国のワイン」特集(日経新聞土曜版 2015年5月30日付)白ワイン第2位 選出の実績を有する、当社でも人気の1本。

※ 本VTから、ボトルデザインが変更になりました ※

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
生産者 トーズ ワイナリー
ヴィンテージ 2019
白ワイン
品種 リースリング
データ
スクリューキャップ
容量 750ml
アルコール度数 10%
商品コード A001W00119
UPC 670459011249
在庫 在庫あり (108)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

テロワールとヴィンテージの両方の特徴がしっかり現れた、バランスの良い味わい。
柑橘フルーツ、パイナップル、湿った石、ハニーサックルの、果実感あふれる芳醇なアロマ。レモンやミカンの果実が層になった、生き生きとした味わい。クリーミーな口当たりで、食欲をそそる酸味との繊細なバランスが秀逸なフィニッシュへと展開していく。非常に幅広い料理と好相性。

ペアリング

そのまま飲んで味わうことはもちろん、幅広い料理とのペアリングが楽しめるリースリング。シーフードサラダや、生ハムを詰めた桃のグリル、タイ風カレー、クリーミーなゴートチーズなどと合わせたい。

保管方法

2030年頃までが飲み頃。

プレス
92WineAnorak (Jamie Goode)
花やライムの風味で、程よいウエイトが特徴の1本。ほのかな甘みがあり、酸味とのバランスがとても良い。TDNと呼ばれる化合物からくるペトロールのキャラクターがほんのりと感じられる。
レビュー&評価

<過去ヴィンテージ>

  • 2009年VT:2011年 ワイン・アクセス誌主催 カナディアン・ワイン・アワード “最優秀白ワイン”受賞
  • 2010年VT:2012年 ワイン・アクセス誌主催 カナディアン・ワイン・アワード “金賞” 受賞
  • 2013年VT:NIKKEIプラス1「1度は飲みたいあの国のワイン」特集(日経新聞土曜版 2015年5月30日付)白ワイン第2位 選出
生産情報

アペラシオン

VQA ナイアガラ ペニンシュラ

醸造

サステイナブルな農法を実践する畑から収穫したリースリングを使用。平垣根式栽培。新芽や実、葉を間引き。手摘みで収穫。

  • 収穫日 :2019年 9月 27日~10月 21日
  • アルコール: 10%
  • 収穫時糖度: 18.6
  • pH: 2.88
  • 総酸度: 8.48
  • 残糖度: 22.2 g/L
生産者

生産者情報

「トーズ ワイナリー(Tawse Winery)」は、トーズ家が経営する家族経営の醸造元。
オンタリオ州ナイアガラ半島の、ナイアガラエスカープメントに沿った傾斜地の麓近くに位置します。
2010年から3年連続でカナダ最優秀ワイナリー(Winery of the Year)を受賞(※)した実績をもつ、文字通りカナダを代表する造り手です。
(※ カナダ・ワインアクセス誌主催「カナディアン・ワイン・アワード」2010~2012年)

多くの品種のワインを造っていますが、いずれも並外れた品質で、素晴らしいバランスと複雑さ、しっかりとした酸味に十分な余韻を持つ、ナイアガラ地方のテロワールを体現するワインを造り出しています。
トーズは、カナダ産ワインの頂点を極めただけでなく、世界的にも注目を集めており、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌ氏のような世界の著名人からも多くの称賛を受けています。ド・ヴィレーヌ氏は、トーズのワインを飲んで、「ワインの中にあるテロワール感にとても驚かされた」と語ったそうです。

トーズのワイン造り ~ Old World Inspiration, New World Perfection (旧世界からの着想と新世界の完全性)~

トーズは、旧世界(ヨーロッパ産地)伝統の醸造技術と、環境に配慮した最先端の技術の両方の優れたところを取り入れた、模範的造り手として知られています。

・ブドウ畑
可能な限り合成物質を使わず、カナダの機関によりオーガニック認定されている畑もあります。
また、バイオダイナミクス(ビオデナミ)の手法も用い、土壌を良くしていくことでワインの質が向上していくという良い循環を保つ、次世代に続くワイン造りを実践しています。

・間引き・収穫
グリーンハーべスト(生育期に青いブドウの房を間引き)することで、収量をおさえ凝縮感を高めています。
収穫は手作業で、収穫した実を人の手で丁寧に選別した、上質なブドウだけを使ってワイン造りをしています。

・ワイナリー
ワイナリーの建物は6階層の構造になっており、その高低差を利用して、ポンプなどの人工的な力を加えることなく、重力の流れで果汁やワインを静かに移動しています。ワインに負荷をかけず優しく取り扱うことにより、よりブドウ本来の特徴や風味を引き出すことを目的としています。
ワイナリーの建物は地熱を活用しており、環境にも配慮した造りとなっています。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。