back
New

13thストリート カベルネ メルロー 2020

カナダ, オンタリオ州
90 WA

(日本語訳は、近日中に掲載予定)

Dark purple in the glass with an intense nose of ripe blueberry, candied black cherry, vanilla, charred oak and milk chocolate. On the palate it is rich, ripe and full-bodied with smooth, young tannins and flavours of black cherries, tiramisu and a touch of smoky oak. The finish is long with drying tannins and lingering acidity.

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA クリーク ショアズ
生産者 サーティーンス ストリート ワイナリー
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 カベルネ・フラン, メルロー
¥3,850

(日本語訳は、近日中に掲載予定)

Dark purple in the glass with an intense nose of ripe blueberry, candied black cherry, vanilla, charred oak and milk chocolate. On the palate it is rich, ripe and full-bodied with smooth, young tannins and flavours of black cherries, tiramisu and a touch of smoky oak. The finish is long with drying tannins and lingering acidity.

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA クリーク ショアズ
生産者 サーティーンス ストリート ワイナリー
ヴィンテージ 2020
赤ワイン
品種 カベルネ・フラン, メルロー
データ
スクリューキャップ
容量 750ml
アルコール度数 13.5%
商品コード A003R00220
UPC 895770200435
在庫 在庫あり (60)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

Dark purple in the glass with an intense nose of ripe blueberry, candied black cherry, vanilla, charred oak and milk chocolate. On the palate it is rich, ripe and full-bodied with smooth, young tannins and flavours of black cherries, tiramisu and a touch of smoky oak. The finish is long with drying tannins and lingering acidity.

ペアリング

Enjoy with spice-rubbed rib eye or lamb chops. Drinking well on release but show further complexities with a few years in the cellar.

プレス
90WineAlign
レビュー&評価

Here's a pleasantly ripe but still properly leafy and spicy cabernet-merlot blend (franc and sauvignon), the way Bordeaux used to be (and occasionally still is), with balanced-fresh acids, succulent and saliva-inducing. Tannins are fine but appealingly gritty, containing the lively fruit, while length and depth are very good, as is comp-lexity. A classic, 'gastronomic' wine, best at the table with some salty protein - I really like what's going on here, especially the pleasure-for-money.

生産情報

アペラシオン

VQA ナイアガラ ペニンシュラ

ヴィンテージ・ノート

Winter of 2020 started with warmer than average temperatures from January through March followed by a cooler than average April. Bud break was in the second and third week of May. From thereon, temperatures increased and the summer months were above average temperatures with little precipitation, allowing for full phenolic development. Harvest remained dry and sunny with cool nights, important for maintaining acidity. There was little to no disease pressure, resulting in clean and ripe fruit. Harvest started in the second week of September with Pinot Noir, Chardonnay and Gamay for sparkling, followed quickly by aromatic whites and then later ripening whites. Gamay was the first red variety harvested in early-to-mid October followed closely by Pinot Noir and Merlot. Cabernet Franc and Cabernet Sauvignon were the last varieties to be harvested, taking place the last week of October through early November. Berry size was recognized to be smaller than previous years with an intense dark colour, suggesting the potential for increased concentration of flavour and colour extraction. The quality of the grapes was very good to excellent throughout the portfolio. Wines should have the capacity to age for the medium to long term.

栽培

All varieties were picked from our Lakeshore Farm vineyard, our June’s Vineyard as well as other select vineyards in the Creek Shores appellation starting in early-October and ending in mid November.

醸造

All varieties were all were handled separately and after manual sorting, were crushed and destemmed, then fermented in stainless steel tanks with cold soak and post-fermentation skin contact totalling two weeks. The Cabernet Sauvignon and Merlot were moved to 500 and 600 litre seasoned oak casks as well as second and third use French barriques, while the Cabernet Franc was aged in 100% seasoned barriques. Following primary fermentation, the wine underwent malolactic fermentation and was left on fine lees with regular racking over 9 months before bottling in September 2021 after light fining and filtration.

生産者

生産者情報

13thストリート・ワイナリーは、オンタリオ州ナイアガラ地方に位置。1998年の設立当時から品質重視のワイン造りを実践しており、数々の受賞ワインを生み出してきました。

醸造を担当するのは、フランス人のJPコラス氏。 13thストリートに移る前は、シャブリで最も由緒ある醸造元の1つ、ドメーヌ・ラロッシュで10年間ワインメーカーを務めていた実績の持ち主です。
ドメーヌ・ラロッシュ時代には、ワイン専門誌「ワインスペクテーター」の「最優秀白ワイン(1998年)」に選ばれた“Domaine Laroche Grand Cru Les Clos 1996”や、「ワインエンジュージアスト」誌により1998年に最優秀ワイン(99ポイント)の評価を得た、Grand Cru Chablis Blanchots “Reserve de l'obedience"などを世に送り出したことでも知られる、世界レベルで数々の輝かしい実績を持つ醸造家です。
2006年にはオンタリオ・ワイン・アワーズにて最優秀ワインメーカーにも選出されました。
常に新たな経験と挑戦を求めるコラス氏は、数々の成功を収めていたフランスを離れ、チリやアルゼンチン、ニュージーランド、ケベック、アメリカ北部など、世界中のワイナリーでワイン造りをした後、ナイアガラのテロワールの可能性に魅了されてオンタリオへ移住してきました。

コラス氏のワイン造りにおける信条は、いたってシンプル。素晴らしいワインは、優れた畑で育てられた上質なブドウから造られるもので、醸造技術は、ブドウ本来の特徴の本質をとらえる目的のためだけに使うべきだということ。コラス氏が造るワインは、それぞれの畑のテロワールの本質をとらえ、それを一つ一つのボトルに丁寧に注ぎいれていくことを心がけて造られています。ブドウは、畑で丹精込めて育て、手摘みで大事に収穫、人の手でソートして良質な実だけを選別します。醸造においては、丁寧に、かつ必要以上に人手をかけないことで、ブドウ本来の特徴を引き出しています。

コラス氏は、世界レベルの実績をもつシャルドネだけではなく、ソーヴィニヨンブランやゲヴュルツトラミネール、ガメイ、シラー、ピノノワールなど、どんな品種に関しても素晴らしいワインを生み出す才覚を持ち合わせています。また、伝統的手法によって造られるスパークリングワインも高く評価されています。

国際レベルの実力をもつフランス人醸造家が表現する、カナダ・オンタリオのテロワールを、ぜひご賞味ください。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。