back
New

クリークサイド ブロークン プレス リザーヴ シラー 2016

カナダ, オンタリオ州
94 WA
93 WA

Creekside Estate Winery - Broken Press Reserve Syrah 2016

「ブロークンプレス」は、クリークサイドで最も尊敬されているフラッグシップ・シリーズで、その評判を守るために、良ヴィンテージのみにリリースされる。2016年は暑くて乾燥した気候に恵まれたため理想的な果実が得られ、繊細な果実味とエレガントな骨格を有する、ブロークンプレスにふさわしい素晴らしいシラーに仕上がった。

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA セント デイヴィッズ ベンチ
生産者 クリークサイド エステート ワイナリー
ヴィンテージ 2016
赤ワイン
品種 シラー, ヴィオニエ
¥8,250  (税込み)

Creekside Estate Winery - Broken Press Reserve Syrah 2016

「ブロークンプレス」は、クリークサイドで最も尊敬されているフラッグシップ・シリーズで、その評判を守るために、良ヴィンテージのみにリリースされる。2016年は暑くて乾燥した気候に恵まれたため理想的な果実が得られ、繊細な果実味とエレガントな骨格を有する、ブロークンプレスにふさわしい素晴らしいシラーに仕上がった。

生産国 カナダ
オンタリオ州
産地 ナイアガラ半島
Sub-Ava VQA セント デイヴィッズ ベンチ
生産者 クリークサイド エステート ワイナリー
ヴィンテージ 2016
赤ワイン
品種 シラー, ヴィオニエ
データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 13.5%
商品コード A012R00216
UPC 819761002082
在庫 在庫あり (40)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

過去リリースと比べると、これまでで最も力強いシラーとなったヴィンテージ。

ラベンダー、スミレ、ハチミツなどのフローラルな香りに、ブラックベリー、ペッパースパイス、シダー、スモーキーチャーの深いアロマが混ざり合った、伝統的な北ローヌの特徴を示すアロマ。芳醇な味わいでフルボディ、ブラックラズベリーの果実味が、繊細な酸味と柔らかなタンニンによって引き立てられている。

しっかりとした骨格とフォーカスの定まった酸があるため、今後10年から15年ほど熟成させることで更なる味わいの向上が期待できる。

ペアリング

豚肉とキャベツの上海風炒めに合わせたい。

保管方法

2030年頃までが飲み頃。

プレス
94WineAlign
マイケル・ゴーデル氏 - ヴィオニエを加えたこのシラーには、5年以上の歳月が流れ、ようやくこのワインの真価が味わえるようになってきている。熟成向きで、どれほど長期の熟成に耐えられる能力を有するかは誰にも予測できない。タンニンはようやく熟し始めたばかり。ブロークンプレスにとって本当に特別なヴィンテージ。最低でも5年、恐らく10年は熟成させて飲みたい。2022年から2028年あたりが飲み頃。2022年4月試飲。
93WineAlign
ジョン・スサボ氏(MS/マスターソムリエ) -「ブロークンプレス」にとって素晴らしいヴィンテージとなった2016年。クリークサイドの創業以来、そしてオンタリオ産の最高のシラーと言って過言ではない。赤色を秘めた深いパープルの色調。ブラックフルーツとレッドフルーツの熟した果実味、冷えた炭、松葉、バニラ、ベーキングスパイスなどの幅のあるアロマは非常に若々しく、これからまだまだ更なる進化を遂げていくことが予想される。暖かいヴィンテージを反映して、濃厚で肉厚な熟した味わい。豊富なタンニンが果実のエキスでうまくコーティングされ、バランスのとれた酸がある。余韻の長さは素晴らしい。2022年以降が飲み頃で、2030年代前半まで熟成させることで更なる向上が期待できる優れたワイン。
生産情報

栽培

シラー97%、ヴィオニエ3%。全てクイーンストン・ロード・ヴィンヤードの畑から収穫。ヴィオニエの果皮をシラーと共発酵させ、ステンレス製タンクと1t発酵槽内で発酵。フレンチオークで20ヶ月間熟成の後、2018年 8月14日に瓶詰。

醸造

  • 収穫日: 2016年 10月 4日 (ヴィオニエ); 2016年 10月 22-24日 (シラー)
  • 発酵: フレンチオーク樽とステンレス製タンク
  • 瓶詰日: 2018年 8月 14日
  • 生産量: 330 ケース (12本入) と マグナム 60本 (日本未入荷)
  • 残糖度: 3.1 g/L
  • アルコール: 13.5%
  • pH: 3.69
  • TA: 6.2 g/L

生産本数

3960
生産者

生産者情報

クリークサイドは、オンタリオ州ナイアガラ半島の小さな町、ジョーダンに位置する醸造元。1997年の創業当時から、ソーヴィニョンブランやシラーといったナイアガラの産地の主流からは外れた品種に将来性を見出し、これらの品種にフォーカスして成功を収めてきました。大胆なスタイルのワインで知られ、ソーヴィニヨンブランとセミヨンのブレンドや、国内外で数々の受賞歴を誇るブロークン プレスシラーでも、カルト的な人気を得ています。

ワインメーカーのロブ・パワー (Rob Power) 氏は、トロントの高級レストランで10年間ソムリエとして活躍の後、ナイアガラに移住してワイン醸造を習得。ブロック大学の冷涼気候醸造研究科の1期生として卒業後、クリークサイドに参画。2008年にはナイアガラの最優秀ワインメーカーを受賞するなど、その手腕が高く評価されています。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。