back

ライトフット&ウルフヴィル テロワール シリーズ リースリング 2019

カナダ, ノヴァ・スコシア州
ライトフット&ウルフヴィル テロワール シリーズ リースリング 2019

Lightfoot and Wolfville Vineyards - Terroir Series Riesling 2019

テロワール シリーズは、アナポリス渓谷独特の栽培環境の特徴を体現する、小ロット・単一畑産の単一品種ワインのコレクション。ノヴァスコシア州ウルフヴィルの自社畑ライトフット・ホーム・ファーム産果実を100%使用。涼しい栽培シーズンを反映したフレッシュさと酸味を保ちながら、より薫り高く味わい豊かなリースリング

生産国 カナダ
ノヴァ・スコシア州
産地 アナポリス渓谷
生産者 ライトフット&ウルフヴィル ヴィンヤーズ
ヴィンテージ 2019
白ワイン
品種 リースリング
¥3,960

Lightfoot and Wolfville Vineyards - Terroir Series Riesling 2019

テロワール シリーズは、アナポリス渓谷独特の栽培環境の特徴を体現する、小ロット・単一畑産の単一品種ワインのコレクション。ノヴァスコシア州ウルフヴィルの自社畑ライトフット・ホーム・ファーム産果実を100%使用。涼しい栽培シーズンを反映したフレッシュさと酸味を保ちながら、より薫り高く味わい豊かなリースリング

生産国 カナダ
ノヴァ・スコシア州
産地 アナポリス渓谷
生産者 ライトフット&ウルフヴィル ヴィンヤーズ
ヴィンテージ 2019
白ワイン
品種 リースリング
データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 10.5%
商品コード D002W00119
UPC 628055615040
在庫 在庫あり (17)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

淡いゴールドの色調。洋ナシ、メロン、ハチミツをかけた柑橘ふるー津、花の香りが立ち昇る。 生き生きと活力がある味わいで、涼しい栽培シーズンを反映したすっきりした酸を有する。 瓶内でも進化を続けており、時間の経過とともに複雑さと味わい深さの向上が期待できる。

ワインメーカーのコメント
テロワール シリーズは、アナポリス渓谷独特の栽培環境の特徴を強く感じられることを目的とする、小ロット・単一畑産の単一品種ワインのコレクション。
ラベルデザインはそのテーマを反映しており、それぞれのワインが生み出される土地の物語を伝えるものとなっています。ミツバチ、蝶、牛の角のイラストは、私たちが採用するビオディナミ農法と、自然との調和を目指すという基本方針を表しています。眼のイラストは、農場システム全体の中での人間の要素を表すとともに、テロワールを表現するために果たす役割を示しています。

ペアリング

幅広い料理と相性の良い万能なワインで、程よくスパイスの効いた薫り高い料理から、チキンやポークのロースト、 塩味の効いたチーズ、ロブスターからスモークサーモン、新鮮なズワイガニまで、様々なシーフード料理と好相性。

生産情報

醸造

ノヴァスコシア州ウルフヴィルに位置する自社畑ライトフット・ホーム・ファームで収穫されたブドウを100%使用。 2つの異なる収穫日の果実を使用することで、フレッシュさと酸味を保ちながら、より薫り高く味わい豊かなワインに。 ステンレス製タンク内で、24時間のマセレーション(果皮浸漬)の後、天然酵母で自然発酵して醸造。

オーガニック(エコサート)、ビオディナミ(デメター)認証

生産本数

2412
生産者

生産者情報

ライトフット&ウルフヴィルは、カナダ・ノヴァスコシア州に位置する家族経営の小規模ワイナリー。ノヴァスコシア州アナポリス渓谷で 8 代農業に従事するライトフット家のマイケルとジョセリーン夫妻が設立しました。イングランド北部からの移民である「ライトフット」の名は、使者として代々仕えた先祖の足の速さに由来します。今では、農家また醸造家としての軽やかなタ ッチと賢明なアプローチを意味し、自然との調和を図り、土地を痛めつけることなく、その本来の力を最大限に発揮させるという使命を表すものだと考えています。

私たちが今この土地で生きるということは、土壌やブドウの樹の命と日々向き合い調和を保ちながら、過去この地に生きた人たちの記憶を認識することであると考えています。私たちのホームファームである畑は、マイケルの家系で 4 世代に渡り受け継がれてきたものであり、この地を耕すことは、私たち一家の血の中に脈々と引き継がれているのです。

マイケルとジョセリーンは、先祖代々受け継いできた農園で、ワイン醸造用のブドウ栽培を始めることを考えました。旅行とワインを愛する二人は、アナポリス渓谷に世界レベルのアグリツーリズム(農業観光)をもたらすこと、そして品質に一切妥協しないワイン醸造を通して、この地の食とワインの文化の発展に貢献することを目標にしています。国際的に活躍するワインコンサルタントであるピーター・ギャンブル氏の協力を得て、テロワールを綿密に調査し、2009年に最初のブドウを植樹。2015年に初めてのワインをリリースし、 2017 年夏よりワイナリーを一般公開しています。

土壌の生命力を保護・促進することが次の世代への責務であるとの考えから、2009年に最初にブドウを植樹して以来ずっと、環境再生型農業に取り組んでいます。その結果、エコサート・カナダによる有機認証、および、デメター・カナダによるビオデナミ認証を取得するに至りました。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません

こちらもお勧めです。